夕月悠里のWeb小説投稿サイト研究所


Web小説投稿サイトについて紹介するサイトです。


小説特化

青空文庫

URL:https://www.aozora.gr.jp/
運営:青空文庫
正式オープン:1997年07月
キーワード: 文芸  現代 


1997年から存在するインターネットの電子図書館。青空文庫は、誰にでもアクセスできる自由な電子本を、図書館のようにインターネット上に集めようとする活動。著作権の消滅した作品と、『自由に読んでもらってかまわない』とされたものを、電子化した上で揃えている。

ここに載せられた著作権が切れた作品は有償・無償であるかを問わず、自由に複製・再配布・共有することができる。また、ファイルを元に、実演・口述・翻案など自由に活用することもできる。

著作権の切れていない作品は著作権法第三十条に規定された私的使用の範囲内において、複製することができる。(クリエイティブ・コモンズ・ライセンス等が明記されていればそれに従う)

青空文庫は、ボランティアがデータ入力、校正、ファイル作成など行っている。その人たちのことは『青空耕作員』もしくは『青空工作員』と呼ばれている。

耕作員になるためには、規準、作成方法のマニュアルを読み同意する旨を運営にメールを送る必要がある。詳しくは『耕作員を志願される皆さんへ』のページを参照。

青空文庫の著作権切れの作品は自由に使えるため他の小説投稿サイト(縦書き文庫、八雲文庫、ストリエ等)に転載されている場合も多い。

青空文庫では検索機能やビューアー設定が弱いのでそちらで探し読む人も多々いる。

なお、著作権者本人からの公開申し入れについては、2パターンのみ受け入れている。
・翻訳者が、自身の翻訳の収録を望む場合
・著作者(あるいは著作権継承者)が、すでに書籍として公刊された作品の収録を望む場合



※情報は調査時点のもので現在と異なっている部分があるかもしれません。
※公式が提供するものではなく個人が集めた情報によるものです。


コメントを書く

No comments here yet :(


Sponsored Link